スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 家事
  3. 「うっかり」していると危険かも!食品保存の基本は知ってる?

「うっかり」していると危険かも!食品保存の基本は知ってる?

ママになったら「子どもに安全な食事を与える」のは当然のことです。

最近でも中国の工場で腐った肉がまじった加工食品の事件がありました。過去にも似たような事故や事件がありましたね。

正しく安全なものを選び購入する事については大きな関心を払うのですが、そこから先にも大切な事があるんですよ。それは「食品を保存する時の注意」です。

知っているようで知らない、「なんとなく大丈夫だよね」ぐらいしかわかっていない、食品保存の基本をちゃんと知っていますか?

食品を保存する場合の基本中の基本とは

冷蔵庫で保存する

  • 冷蔵庫の機能を過信しすぎないこと
  • 冷凍すれば何ヶ月でも大丈夫というわけではない
  • 冷凍したものの「解凍」方法によって菌が増殖する場合もあり
  • 常に冷蔵庫を清潔に保ち、詰め込みすぎないこと

食品別に保存方法に注意する

  • 肉は冷凍しやすい食材だが、ひき肉などは加熱した状態(例えばハンバーグならハンバーグとして焼いて出来上がったもの)を冷凍するほうがいい
  • 魚介類にはなるべく冷凍にはせず、食べる分だけ購入して新鮮なうちに食する。じゃこのような乾燥した製品は袋のまま外に保存している場合もあるが、一度開封したらきっちりと閉めた上で冷蔵庫で保存したほうがいい。
  • 練り物などは足が早い

よく言われるように、練り物(さつまあげとかちくわ)は足が早い。とはいえ最近のものはしっかり加工されているせいか、期限をすぎたものでも熱を加えれば食べられる事も多い。むやみに捨てるのもどうかと思うが、やはり小さい子どもがお年寄りがいる家庭では、こうした加工食品は開封したら当日・翌日ぐらいに使い切る工夫を考えた方がよい。

「開封したもの」と賞味・消費期限は関係がない

時々勘違いをしている場合があるようですが、袋などについている「賞味・消費期限」は開封していない状態の場合です。だから、例え消費期限にまだ間があったとしても、すでに開封してしまったらなるべく早く使い切ります。

意外な落とし穴!開封したお菓子や粉類&瓶詰めの注意

(1)開封したお菓子や粉類の保存には要注意

生ものである生鮮食品に関しては、冷蔵庫できっちり保存して、食べる時期もなるべく早くと皆さん考えているでしょう。

ひきかえ、例えばクッキーなどの袋入りのお菓子などは開封してそのままちょっと袋のさきっちょを折って留めておくだけで出しっぱなしにしていませんか?

小麦粉やおこのみやき粉、ホットケーキミックスなどの粉モノも、使い終わった後にクリップ等で留めて食材を保管してあるケースや引き出しに入れっぱなしにしていませんか?

どちらも「腐る」というのとは違うのですが、実は「ダニ」が発生しやすいという問題があるんです。特に粉類にまじるダニは小さくてわかりづらい。しかも熱に強いので、例えばお好み焼きにして焼いたとしてもダニのアレルゲンじたいは消滅しない事が多く、アレルギー体質でなかったとしても体調に変化が出る場合もあります。

ぼそぼそとしたカスが出やすいクッキーの袋なども、ちょっと放置しているとダニが発生していることもあるので要注意です。特に「腐ったもの」に関して注意をしているのに、意外と「腐るはずのないモノ」に対してはいい加減だったりします。

http://daniyoke-silica.com/

こうした安全性の高い「ダニよけ」などをキッチンにおくといいですね。そして粉モノは密閉性の高い入れ物に入れて、なるべく冷蔵庫で保存するほうが安心です。

(2)瓶詰め内での菌の増殖

例えば「のりの佃煮」とか「なめたけ」なんかにありがちですが、朝食の時にそれぞれが箸で中身をだして、そのままフタをしめて戻す、といった事です。口の中に入れている箸が外気に触れるなかで瓶の中身に菌が増殖するといった事もあります。
あまり神経質にならなくてもすぐに食べ切るのならいいのですが、そうでなければ、最初に小皿に取り出してそれぞれ食べるほうがよいでしょう。

……なんて、とってもエラソ〜に並べてみたんですが。

実はわたし、すごくズボラなタイプで上の子の時によく姑に「小麦粉にもダニがわくのよ」とか「消費期限と賞味期限の違いってわかる?」なんて怒られるというか教えられたもんでした。

でも今思うと、ありがたいですね。

核家族が普通になった今、家庭にいるお年寄りはこうした「当たり前の暮らしの知恵」みたいのをお嫁さんに教えてくれる機会も減りました。

だからこそ、でもないんですが、子どもに安全な食を与えるためにも、家族の健康のためにも、自分の覚え書きついでに「食品保存の基本」を書いておきました!
参考にして下さいね。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内