スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 家事
  3. ママが悩む「子ども用品の収納法を教えて」

ママが悩む「子ども用品の収納法を教えて」

【1】オマケなどの細かいオモチャ

ズバリ「捨てること!」です。オマケだとか何かについてきたすぐ壊れてしまうような玩具類はとにかく一定の期間ごとに見直して、ガンガン捨てる。

もういちいち、子どもに確認することもなく捨てます!もちろん、ちゃんとしたオモチャやお気に入りは別ですよ?でも、ほとんどの小さい玩具はその場限りで子どもも忘れているものです。

だいたい3ヶ月ベースで見直して捨てましょう。そして、カゴやボックスなど1つ用意して、その中におさまる範囲にします。こういうオモチャは目につくと落ち着きがなく、部屋も乱雑にみえるモト。遊んだ後はカゴやボックスに入れたら、すぐに子供部屋などに運ばせてしまいます。

【2】絵本・本

こちらは逆に大切にしたいものも多いですね。本は「選びやすく、とりやすく、そしてしまいやすく」するのがコツです。こんな本棚なんかだとたとえばリビングにおいても違和感もなく、高さや安全性もあっていいと思います。

http://guerirsofa.com/SHOP/822021/list.html

また、多少値段は高くなりますが、それこそリビングを「子供部屋状態」に見せない、シックな子供用の本棚を探しているなら、
http://flymee.jp/category/kids-furniture/
こちらがオススメかな。雑誌類は「半年分」などと決めて、それ以上は1冊買い足したら1冊捨てるようにします。

あとは、本棚にしまいきれなくなるようなら、図書館も上手に利用したいですね。

【3】大型玩具

コレ、けっこう困るんですよねぇ……。おじいちゃん、おばあちゃんが孫にねだられた感じで、あるいは孫持った嬉しさのあまりに「いかにもでかくてスゴイ」大型遊具を購入してくれるのってありがちなパターン。たとえば屋内用滑り台だとか、子どもが乗るレーシングカーだとか、テントとかミニキッチンセット……。

まぁ子どもが夢中になっているうちはともかくとして、ある程度たっても、なかなか捨てられない。大型だから「もったいない」とか「誰かにあげられるかも」というのもあるし、普段は遊ばないのに友達がくると、こうした大型遊具はいきなり人気沸騰するので、子どもも「アレは捨てないで」となる。

組立式ならいったん片づけるという方法が一番簡単ですが、しかしあのテのものは「また組立てる」のがこれまた面倒というわけで……。

ウチでは小学校入学時に「大型遊具」については基本的に処分しました。欲しい人もいるはずなので周囲に聞いてみるといいと思います。また、買取業者もあるので、
http://www.toy-forest.jp/
もし比較的キレイな状態なら問い合わせてみるといいかも。大型遊具は「収納方法」で悩む以前に「買う・買ってもらう前に慎重に考える」コトが大事かも(汗)

文房具や工作セット類の収納は

こうしたモノはほとんど毎日使います。しかも子供部屋があっても、リビングやダイニングで使う事が多い。なので、私は大きなジッパーつきのバッグにひとまとめに入れています。そのバッグごと作業する場所で「お絵描き」や「工作」をして、あとはまた、バッグにほうりこんで終わり。

問題は出来上がった「芸術作品」ですね(笑)こちらも子どもの気持ちを考えるとスグに捨てるというわけにもいきませんから……。とりあえず、ウチでは数日間は飾っておいて、あとは写メして「保存」したのを子どもに見せて納得してもらい処分しています。

ちなみに幼稚園や学校での作品や賞状なども、子どもひとりに「ひとつだけ」ボックス等を作ってそこに入るだけにして押入などにしまって保管するといいかも。何でもかんでも捨ててしまうのも淋しいものですしね。私は幼稚園時代の「連絡帳」なんかは取ってありますが、小学校に入ってからのノートや教科書は進級ごとに見直して、必要なもの以外は捨てるようにしています。

なんにしても、子どもの成長と共にモノは増える!収納を考えるより、まず処分の方法を考えてから対策をねるのがベストの方法です。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内