スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 家事
  3. いつが捨て時?どうしたらいい?「使わなくなったオモチャ」

いつが捨て時?どうしたらいい?「使わなくなったオモチャ」

小学校以降になると、多くの子どもが「ゲーム」が好きなオモチャの主流になります。また小学校入学と共に学習デスクを購入したり、部屋や子供用のコーナーを用意する事が多くなると思います。

一気に「処分」するのは、この「入学シーズン」がベスト・タイミングです。大量処分するとなると捨てるのも大変ですが、こちら「オモチャの買取」なんかもあるのでうまく利用するといいかも。

まぁ、お宝発見みたいに高額になることはあまりないでしょうが(笑)しかし、捨てるよりはちょっとでも「お得」になったほうがいいですもんね!

http://www.toy-forest.jp/category/toy/

とはいえ、3歳ぐらいから年々ほおっておくと部屋中に氾濫してくるのがオモチャです。大量処分の他にも、だいたいこんなスケジュールでオモチャの「見直し&処分」を決行しましょう!

いらない!売れない!オモチャはこう捨てよう!

・オマケ系玩具は1ヶ月ぐらいごとにガンガン捨てる!

ファーストフードのセットについてくるオモチャやお菓子のオマケ、こうしたものは子どもはその場は大喜び(あるいは買わないと大泣き……)するものの、すぐに飽きてしまうし、だいたいすぐに壊れてしまう。

1ヶ月も過ぎたら忘れているので、サッサと処分してしまいましょう。ため込むと捨てるのが面倒だし、これは買取対象になるものもほとんどありませんから。

ただし本人にいちいち見せると「コレ大事」とは絶対に思ってもいないコトを主張するので(笑)このテの玩具は気づいたら親が捨てるに限ります。

「壊れた」「動かない」モノは理由を説明して捨てる!

よほど気に入ったもの以外では、どこか壊れたり動かなくなったオモチャは基本的に捨てましょう。

ただし「動く・音が鳴る」といったモノはえてして大型なものが多く、子どもに内緒で捨てると後々一悶着になる事も。

「もう壊れてしまって使えないから捨てようね」と子どもにも断ってから捨てましょう。壊れて直せない、動かないから遊べない、理由をちゃんと説明してあげると最終的には納得してくれます。

決まった容量に入り切れなくなったら子どもに取捨選択させる

それでも細々としたオモチャというのは増えるものです。うちは男の子ふたりなのでミニカー類も多かった。女の子だとぬいぐるみや人形などが多いようですね。こうしたモノも「気に入って大きくなってもたまに遊ぶもの」もあれば、「どこで買ったかも忘れた」ようなものまで色々とあるわけです。

できれば、そうした細々系オモチャを入れるボックスをひとつ用意して、そこから溢れ出るようになったら、本人に「捨てるもの、とっておくもの」を選ばせるのもひとつの方法です。

自分で選ばせるのは親もつきそい手間がかかりますが、「このハコに入るだけ」と決めておくと大きくなってからの片付けの一環としてもラクです。

箱に入っているような大型&高級玩具はクリスマス後に相談

男の子の場合だと、例えばプラレールのセットとか、人気キャラクターの大型玩具類。女の子だとシールやお菓子作りのセットやお人形のセット系ですね。わが家ではクリスマスの後に、新しい大型プレゼントがきた後、「これはもういらない?」と聞いて処分するようにしました。

新しいプレゼントが「目新しいうちに」、子どもに古い大型玩具の処分について聞くと、わりとすんなりと「じゃぁもういらない」となるようです。箱入りのようなオモチャこそ、買取が可能かどうかも必ずチェックしましょう。

先輩ママとして、ひとつ最後にアドバイスを。

お洋服の「お下がり」は嬉しいと思うママが多いのですが、オモチャはあまり喜ばれない事が多いようです。レゴやブロックなどを別にすると、キャラクターものは毎年変わりますし、だいたいオモチャというのはあまりキレイなままでいる事はないでしょう。

ボードゲームとかブロックぐらいは「欲しい」というママもいるかもしれません。それ以外は相手に欲しいかどうか意志を確認してから渡したほうがいいですね。しかも押し付ける感じではなく「捨てるかなぁと思ってるんだけど、一応聞くけど、いらないよね?」ぐらいの聞き方のほうがいいかも。

「あのママ、使ってねといってオモチャをくれるんだけど、結局ウチで捨ててるのよ。断りづらいし、嫌になっちゃう」

こんな言葉やトラブルを実際に私は経験しています。オモチャは基本的には「使わなくなったら、捨てる、売れるものは売る」というのがベストな処分方法だと思います。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内