スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 人間関係・付き合い
  3. ママ友へのお誕生日プレゼントや「お礼選び」のコツ

ママ友へのお誕生日プレゼントや「お礼選び」のコツ

結婚して子供が生まれてからというもの、何かと「プレゼント」を渡す機会が増えたように思えます。

夫や子供はもちろんですが、義父母の誕生日やお祝いごと、親戚、といった身内関係からママ友に「お礼」、育児サークルなどでのプレゼント交換、何かといえば「ちょっとしたプレゼント」が必要になるんですよね。特に悩まされるのが「ママ友」の間で遣り取りされる「お礼」や「プレゼント」「お持たせ」の類です。

気軽にあげられる「プチ・プレゼント」は常備しておく

ウケ狙いのオオモノ・プレゼントは特別だけど、ママになったらちょっとした小さいプレゼントは常備しておくと便利ですよ。

子供が遊びに行って汚してしまったので洋服を借りた時とか、お返しする時に相手の負担にならないような小さい「お返しプレゼント」をつけたり。幼稚園の写真の注文に行けない時にお願いした時とか、お下がりの洋服を頂いたときとか。

誰でも使える、好みに左右されないもの

私は貰って嬉しかったので、「布巾」「キッチンクロス」を常備しています。オーガニックコットンクロスとか、可愛い北欧柄のものとか。だいたい300円~500円ぐらいのもの。誰でもキッチンで使うものだし、かさばらず、あげてもサッとバッグにしまえるところもグッド!

お洒落な雑貨屋さんとかコストコやイケアなんかでもこまめにチェックしています。

あと子供用のタオルハンカチ。これもセールとかで安いものですけどね。貰っても負担に思わないぐらいで、なおかつ「実用的」でも「可愛い」ものがポイント!

「あのママ、気が利くよね」って思ってもらえるものがいい。

こういう「小さいプレゼントの遣り取り」が面倒という人もいるんですけど、実際に「お願いごと」や「迷惑をかけたな」と思った時は私は幼稚園の送迎時や保護者会などで会った時に「この前ありがとね~」と軽い感じで渡しました。

テネリータ

すごく肌触りのいいオーガニックコットン専門店です。ただのコットンタオルとかだと味気ない場合、少しこだわりの製品だと「へぇ~」って思われます。自分のところで使うもののついでに、小さなタオルハンカチとか用意しておくと便利ですよ。

ウケ狙い!そんなプレゼントが一番難しい

まぁママ友同士と違い、義父母へのプレゼントなんていうのは、バッグとかアクセサリー、スカーフ、ネクタイ、メガネケースなんていう雑貨が多いでしょうね。

うちの姑はとにかく「老舗デパートの包み紙」でラッピングされていればご機嫌が良いので(笑)いずれにしても年齢が上の人の場合にはデパートで選んでおけば無難です。

でもママ友同士のプレゼントで意外と大変なのが、ウケ狙いのプレゼント選びなんですよ。

幼稚園で仲良くなって、ママ同士でも飲みに行ったりするようになった仲間うちで、なんとなくお誕生日ごとにプレゼントをあげる習わしみたくなったんですよね。

ママ友の誕生日プレゼント!コレがウケました

冷え性でいつも愚痴を言っていたママ友に

4人の仲間なんですが、お誕生日の人以外の3人でお金を出し合って毎回工夫しているんです。その内のひとりはいつも「冷え性」を愚痴っていて、冬場のお迎え時なんてものすごい着膨れていていつもからかっていたんです。

そんな彼女にあげたのが、「激辛唐辛子入り瀑汗入浴剤セット」と「よもぎ温座パット」のセット。この温座パットって要するにホカロンなんです。で、どこにつけるかといえば、お股です(笑)

なんとパンツの中に入れておくタイプなんですよ~。するとすっごいあったかいらしいんです。し、しかし、下着につけるホカロンって~。こんなの自分じゃなかなか買わないよねぇと買い出しに行ったママ友と盛り上がってコレに決定。ものすごくウケました!

パソコンが苦手というママ友に

彼女だけが「一人っ子」のママなんですが、パソコン操作が苦手で「デジカメで撮影したものもプリントアウトできない」「パパがなかなかやってくれない」といつも嘆いていたんです。

それで、他の3人で運動会とか遠足とかで撮影してあったそのママの子供の写真データを持ち寄ってフォトブックを作成。

これはウケたというか、すごく喜んでもらえました。子供の写真の他にもメッセージつけたりして、オリジナルなものって貰った人の感動が大きいですよね。

しまうまプリント(FUJICOLOR純正プリント)

ノートパソコンとかあるなら、ママ友同士であーだこーだいって編集するのもいいかもしれません。操作が簡単なお店なので誰でもできると思います。

超セクシーなランジェリーセット

コレ、私が貰ったんですけど(笑)

気の置けない仲間同士だと、やっぱりこういうのもアリ。

プレゼントあけてみたら、それはもうセクシ~なパープルのランジェリー。

「もう1人がんばりなよ」エールだと言われましたが。こんなのはけないよーっと乾杯した後に大騒ぎ。そこから「下ネタ」で妙に盛り上がってしまったお誕生日会でした(笑)

Only&One

かなりきわどい(笑)ランジェリーにコスプレ衣装も売っています。意外とこういうやつのほうが安いですよね。ママ友全員分買って、ある日にそれ来て集合とか決めても誰も着て来なかったり(笑)

ちょうど結婚10周年を迎えていたママ友に

彼女のパパはイケメンで有名。たぶん本人も「顔に自信のあるタイプ」。あれこれ迷って、最初は似顔絵のマグカップとか、等身大ポスターはどうよ?みたいになってたんですが今ひとつパンチにかける。っていうか等身大ポスターいらないだろうし(笑)

それでサイトで見かけたのが「そっくりリアルのマイフィギュア」。コレ、写真を送るとソックリのフィギュアを作成してくれるんです。こちらもフォトブック以上に非常に「オリジナル」で「パーソナル」だし、なんかそのフィギュアが独特の個性で面白いんです。

せっかくだからって、ママのほうは胸ボーンのビキニ姿にしちゃって、ご主人さまもビキニタイプの水着で筋肉ムキムキにしちゃって悪ふざけ状態に(笑)

でもすごーいウケたし、すごーい喜んでもらえた。ちょうど結婚10周年とも聞いていたので、夫婦カップルでフィギュアにしたのもよかったみたいです。

ママ友同士で、お礼をし合ったり、集まってプレゼント交換するのとかって、いろいろ弊害もあると言われているみたいですね。

でも、私はやっぱり、何かをしてあげた時に相手からわかりやすく「ありがとう」と気持ちを伝えてもらえたら嬉しい。

変に高いモノとか「なんでこんなモノ?」と相手の猜疑心をかきたてるようなモノでなければ、お互いの距離感を縮めてくれるのではと思います。もちろん一番大切なのは気持ちなので、例えお返しやプレゼントをしなくても「ありがとう」「助かったわ」という言葉は絶対に必要。

例えば、子供を預かってもらった時は、「お返し」より、次に自分が相手のお子さんを預かる、という行動で示した方がよりいい場面もありそうです。

そのあたりは友達同士の関係とか、雰囲気でだんだんわかるもの。相手が「こういう遣り取りは嫌い、面倒」というアピールをしてきたら、すんなり引き下がります。

要するに「KY」、相手のママ友や周囲の「空気」を読んで行動するのがベストです。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内