スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 家族付き合い
  3. おしゃれにBBQ!ママ友も一目置くバーベキューパーティーを開こう!

おしゃれにBBQ!ママ友も一目置くバーベキューパーティーを開こう!

私、実はかなりの「BBQ通」なんですよ!

基本的にアウトドア派ではないのですが、留学経験もあって本場のBBQもさんざん体験しました。

特に子供が生まれてからは、ママ友&そのファミリーとの交流の場としてBBQを利用しています。ひろーい公園で子供も駆け回ったり騒いだりしてもこちらも怒らなくてすむ。ファミリー層にはBBQパーティーはピッタリなんです。

せっかくやるなら、「ただお肉焼いて食べて缶ビール飲みまくる」学生のようなBBQじゃなくひと工夫欲しい。何回かやるうちに私なりに「スマートでおしゃれ」なBBQスタイルが出来ました。

参加してくれるママ友にも「BBQは何回か誘ってもらった事があるんだけど、今日のはすごい、最高」と言われたりして、ちょっとした自慢なんです♪

「おしゃれで美味しい」子連れBBQパーティー・スタイルをおすめします!

【BBQのセッティングにひと工夫!】

テーブルにはテーブルクロスをかける!

これ絶対に必須です! アウトドア用のそっけない「組立式テーブル」もクロスかけるだけでまるっきり雰囲気が変わります。

そのテーブルクロスですが、専用のものはけっこう高い。

私は布地専門店でフォークロア調の比較的生地の厚いタイプを数メートル購入して使っています。織り地のようなタイプなので、切りっぱなしでOK。汚れたら洗濯して、まあ少なくとも10回は使えますよ。メキシカン風の明るいストライプで、これをテーブルにかけるだけで周囲の人が「おおっ」と注目します!

紙皿や紙コップもちょっとだけ奮発!

子供達用には100均で安いものを選びますし、食べやすいボウル型で手に持っても熱さが伝わりづらいものを選ぶのがコツ。

でも大人用には海外製品のサイトなんかで、キャラクターものではなく、カラーリングのきれいな紙皿を選んでます。グラスもプラスチックですがワイングラス。これにイケアなんかで購入した紙ナプキンをあわせてセットします。

飲み物はクーラーボックス以外でも冷やして取りやすく!

クーラーボックスは必需品ですが、今ひとつカッコよくない。

私は大きなブリキのバケツに、普段はアウトドア用の細々したものを入れて収納しているんですが、これを洗ってきれいにして、ココに氷のかたまりと水をいれて、缶ビールやワインを冷やして、誰でもそこから取り出せるようにしています。

見た目もかっこいいし、クーラーボックスが「在庫をしまう場所」なら、こちらは「パーティーの飲み物コーナー」といった所です。「DRINK HERE!」なんて(まぁ、わざわざ英語にする必要はないんですが、カッコいい気がして)札を立てておいたりもします。

あっ、氷のかたまりは買うと意外と高い。ジップロックや牛乳パックを洗ったものに水をいれて一晩固めて、かたまりの氷を作るといいですよ。どちらもパックなら紙をさいて氷を、ジップロックも中の氷を取り出してバケツに投入です。

焼きそばと焼肉だけじゃない!BBQレシピ

スペアリブ

骨つきスペアリブは見た目も豪快だし、食べてもおいしい。ただし火の通りが悪いから意外と焼くのが難しいんですね。

私は野菜スープで煮てしまいます。あら熱をとったら、BBQソースをジップロックなどに入れてスペアリブを一晩漬けておきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*私のご自慢〝スペシャルスペアリブ〟
・タマネギ&にんにく&ショウガをフードプロセッサーでぐわーんとします。
・そこにケチャップ、焼肉のタレ、醤油を加えてさらにぐわーんします。
・このタレにスペアリブを漬け込みます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これだとグリルで焼き目をつけるだけでいいので「生焼け」の失敗がありません。

海鮮ホイル焼き

ほたてやエビにしめじやきのこを加えてバタと塩こしょうをふってホイルで包んでおきます。BBQで焼いたら、切っておいたレモンを持参してそれをそえて出します。

ガーリックトースト

パンを焼くのも意外と難しい。

私はフランスパンをたてに切り込みをいれて、市販のガーリックマーガリンをたっぷりと塗っていきます。これをアルミホイルで包んで、肉を焼いている間にはじっこのほうでじっくり時間をかけてグリルします。ホイルをあけたとたんにふわ?とガーリックの香りがして、これは子供達も大好きですね。

できれば、大きめのカゴを用意していくと便利。このカゴに紙ナプキンをしいて、ガーリックトーストを山盛りにしておきます。

他に…

自家製ピクルス

ごく簡単に、タマネギやキュウリ、パプリカなどをさっと茹でたら、お酢にたっぷりめの砂糖をよく混ぜたものに漬けておくだけ。ジップロックでやっておけば、当日も持参するだけです。お漬け物感覚というか、焼き物ばかりの中でいつも大人気なんですよ。

ポテトサラダ

少しボリュームのあるサラダがあると、肉が焼けるまでおつまみがわりになるし、このテのサラダは子供も食べる。ガーリックトーストの斬り込みにはさんで、それにフランクフルトを焼いたものをはさむのもグー!

もちろん、子供も好きなので焼きそばは用意しますし、簡単なのでホットドッグの用意もしておきます。あと、参加する人に「もしできたら白いご飯のおにぎりを少し持参してね?」と頼むことも。
ワインでおしゃれ風のBBQをしても、最後はやっぱり「焼きおにぎり」が最高なのが日本人ですな(笑)

BBQの機材は、できれば、鉄板とグリルと両方がうまく使えるようなやつだと便利です。

http://www.iwatani-i-collect.com/event/bbq-station/?banner_id=b3025

こんなのを見つけましたが、炭を使わないから便利そう。後始末がラクなのは重要ポイントです。そして見た目もグッドルッキングですよね。
まあ最近はレンタルも簡単にできますが、もし年に何回かBBQパーティーをしたり、お庭があるというのなら、やはり購入したほうが結果的に安上がり。使い慣れたグリルのほうが何を作っても失敗がないですしね!

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内