スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 家族付き合い
  3. 子供が「喜ぶ!楽しい!美味しい!」バーベキューのオススメ・レシピ

子供が「喜ぶ!楽しい!美味しい!」バーベキューのオススメ・レシピ

幼稚園や小学校低学年ぐらいの小さいお子さんと一緒にバーベキューをする時にオススメのレシピです。

実際に私が何度もママ友や育児サークル仲間、ファミリー集合のバーベキューパーティーで作ってみて、特に子供たちやママたちに喜ばれたものを選びました。

子どもがハマる!おとなしくなる!おすすめBBQメニュー

フツ~の(ココがポイント!)ホットドッグ

ホットドッグ用のパンはごくフツ~のスーパーで市販されているものがベスト。高級すぎると「小さい子供には噛みづらく食べづらい」みたいなんですよ。子供用にはキャベツも何もはさみません!これまた特に何の変哲もないソーセージが一番。

子供向けは「凝ったこと」をしないのがコツなんです。普段と違うスパイスや味付けをすると途端に「イヤ」とか言うんで…。

本当は野菜も入れたい所ですが、まぁバーベキューなんて年に数回しかやりませんから、この際、野菜不足なんぞ細かいことはナシにしましょう。ケチャップを忘れずに!

ちなみに「棒つきフランク」はお勧めしません。過去にも棒つきフランクの棒が喉にささったりする事故が起きているそうです。(手に持ったまま走ったり転んだりするんですね)これは実際に幼稚園の先生から聞いた事で、幼稚園の縁日などでも棒つきのフランクは販売しなくなったそうです。

ホットドッグ応用編

ホットドッグ用パンに鉄板で焼いた「やきそば」をはさむ、やきそばドッグ。こちらは高学年の子供や実はお父さんたちにも好評です。焼きそばは定番でしょうが、うちは時々ナポリタンもやります。パスタはインスタントの茹でたものを使って、タマネギやウインナをカットしたものを持参して一緒に炒めてケチャップで味つけ。「ナポリタン」そのものとしてはまあ格別おいしいものでもないのですが、ホットドッグパンにはさむとなぜか大人気(笑)

味つけご飯の焼きおにぎり

小さい子供は焼いたお肉やお魚など、おかずっぽいものをあまり食べてくれません。普段食べる子もアウトドアの雰囲気に興奮して、テーブルのところでじっとなんかしていませんから。

なので「ちょっと食べるだけでもしっかりお腹を満たせる」主食系を食べさせるのが大事なんです。ホットドッグ系以外では、焼きおにぎり。これは温かいご飯をボウルにとって、だしつゆを混ぜて「茶色っぽいぐらい」になったらおにぎりを握っていきます。これを炭火でじっくり焼いて下さい。ただし、白いご飯より味をつけたご飯のほうが傷みやすいので夏場など必ずクーラーボックスに入れて持参して下さいね。味がしみこんだおにぎりは、冷凍焼きおにぎり風でおかずがなくてもドンドン食べられます。

キュウリの1本漬け

お漬け物の中でもきゅうりは子供も大好き。市販の漬け物の素を使えば簡単ですね。これも棒をさしておきたくなるけど、危険なのでそのまま両端を落としてビンにつけて冷やして持って行きましょう。私は子供の手を持参したウエットティッシュでふいて、そのまま持たせてかじらせます(笑)その「かじる」のも普段と違って楽しいみたい。焼き物が多い中で大人にも人気の1品です。

マシュマロ焼き

子連れには定番ですが、わが家は必ず板チョコとグラハムクッキーを持っていきます。マシュマロを焼いたらグラハムクッキーに板チョコをのせて、そこに焼いたマシュマロをおいてもう1枚のクッキーではさむんです。チョコが少しとけてトロ~リとしてとってもおいしいんですよ!

あとは凍らせたブドウとか、パイナップルもいいですね。
バーベキューはパーティーですから、私はあまり「肉と野菜とバランスよく」みたいな細かな事は考えません。子供の好物や喜ぶものだけでもたまにはいいのでは?と思います。

子連れにとっては、バーベキューが終わった後は「スムーズに」帰りたいところです。疲れてくると子供もグズりだすし、そんな中で鉄板の後片付けや炭の後始末などは大人の手が多くても大変です。

最近はこんなガスボンベで手軽にバーベキューできるコンロもあるみたいで、これなら便利そう。焼くだけでなく、普通のコンロとして利用できるから、子供の好きなスープなどを準備すれば少し肌寒い季節になってもバーベキューが楽しめそうです。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内