スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 栄養管理・食育
  3. 妊娠中の疑問を解決!「紅茶やコーヒーは飲んではいけない?」

妊娠中の疑問を解決!「紅茶やコーヒーは飲んではいけない?」

よく妊娠中は「コーヒーや紅茶などカフェインを含む飲み物をとるのはよくない」と言われますね。

『妊娠したら紅茶やコーヒーは絶対に飲んではいけないのか?』

医学的にも科学的にも「絶対に飲んではダメ」あるいは「飲んでも絶対に大丈夫」とも言えません。一般的には「適量(つまり飲みすぎなければ)であれば特に問題はない」と言われています。

でも……好きな人にはけっこう気になりますよね。

実は私も朝起きてスグにまずコーヒーを一杯、それからポットに作り置きしたコーヒーや紅茶を飲むのが「気分転換」のひとつで、妊娠してから「大好きなコーヒーや紅茶はダメなのかぁ」とガッカリしていました。

基本的に大丈夫、適量なら平気とわかっても、「飲み過ぎると悪いものなら、やっぱり飲まないほうがいいのかな」と特に初めての妊娠の時は過敏になりましたね。

妊娠中の「飲み物」に関する注意

カフェインの含まれる飲み物は「飲み過ぎない」

1日1~2杯程度がまず安心なようです。カフェインというとコーヒーばかりが思い浮かびますが、紅茶や中にはお茶、ソフトドリンクにも含まれている事があります。

原則としてアルコールはダメ

妊娠中に結婚式に参加して、乾杯のグラスに口をつける程度ならともかく、アルコールは胎児に対する影響が大きいので基本的には禁酒が一番です。ノンアルコール系のビールなども流行っていますが、中には全くのゼロ%ではないものもあるので注意しましょう。

炭酸飲料系ドリンクも適度に

ジュースや炭酸飲料はカフェインが含まれているものもありますし、特に糖分が高いのが問題です。缶ジュースやペットボトルのジュースを何本も飲むと糖分の取り過ぎになります。

基本的な事を踏まえつつ、あまり過敏になりすぎないほうがいいかな、というのが先輩ママとしてのアドバイスです。

例えば甘いジュースだって、時には飲みたくなる時もあるでしょうし、一杯のコーヒーでホッと一息つきたい時もあるでしょう。それらを無理矢理我慢して、大きなストレスに感じるほうがもっと体によくありません。アルコールは別にしても、他の飲み物に関しては

極端に飲み過ぎない

ことだけを注意しておけばいいのではないでしょうか。

妊娠中に「○○を食べると赤ちゃんに影響がある」とか「××を食べると未熟児になりやすい」など色々な情報やネタが出回っていますが真偽の程はわからない事が多いんです。実際に病院でお医者さんに聞いても、実はお医者さんによって意見が違う事もけっこうあるんですよ!

でも気分的に「妊婦でも安心」と太鼓判を押されたものがいいなと思うのなら、

http://www.amoma.jp/product/maternity.html

こういったプレ・ママ専用のお茶を選ぶといいかも。

それから先輩ママとして「ひとこと」ぜひ言っておきたいのが、この逆のパターンには気をつけろ、です。

つまり、

「○○を食べれば元気な赤ちゃんが産まれる」
「××を飲んでさえいれば絶対に安産になる」
「○○を飲むと胎教によく、頭の良い子が産まれる」

といった「これさえ食べれば(飲めば)健康な子供が生まれる・天才児が産まれる」的なモノですね。まぁそんなモノがあれば、みんな飲んで、みんな「頭の良い子」を産んでます(笑)

今となっては笑い話でも、そこが妊娠中のママの難しいところでちょっとした不安やわが子に対する期待から、「なぜか信じてしまう」こともけっこうあるようです。

食事にしろ、飲み物にしろ「ほどほど」がいいみたい。

バランスの良い食事と好きな飲み物を適度に楽しむのなら全く問題ないのではと思います。もちろん妊娠中毒症など、妊娠中に体調の変化やトラブルがある場合にはどんな食べ物でも飲み物でも、「どういったものを摂取すべきか」は医師の指導を受けることが大切です。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内