スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 栄養管理・食育
  3. 子どもがアレルギー体質『おウチでできる簡単対策』

子どもがアレルギー体質『おウチでできる簡単対策』

年中鼻水が出ている、気温差があるとくしゃみが止まらなくなる、目がかゆくなる、喉が痛いと言う……

深刻な発作を引き起こす程ではなくても今やクラスの半分以上が「何らかのアレルギー体質」を持っているのも珍しくありません。

家庭でできるアレルギー対策とは

アレルギーは大きくわけて、2つの原因があります。

  • 食べ物によるアレルギー
  • 環境によるアレルギー

一般に食物アレルギーはまず「アレルゲン」アレルギーの原因となる食べ物を特定し、それを除去する事で対処します。食物アレルギーは症状が重い場合もあるので、これはまず医師の診察を受け、そのアドバイスのもとで家庭でできることで対応していきます。

問題なのが「生活環境」がもとによるアレルギーです。

実はウチの下の子が(お兄ちゃんも多少そうだったのですが)この環境が元によるアレルギー体質なんです。症状が酷くてずっと病院通いというわけでもないのですが、やはり花粉症の季節には耳鼻科や眼科のお世話になっていますし、ダニやホコリにも弱いようなんですね。

環境によるアレルギーは家庭でも対処できる

花粉や黄砂などによる「季節ごとにくる」アレルギー対策

よく「外出を避ける」と言いますが、子どもに外へ行くなというのは可哀想ですし、幼稚園や小学校で「外へ出ない」というわけにもいきませんね。基本は「マスクで対策」ですが、マスクを嫌がる子も多いのが難点です。

  • (1)可愛いマスクを用意する
  • (2)花粉ではなくイネ等が引き起こすアレルギー症状が出たら、公園など特に多い場所は避ける
  • (3)帰宅したら洋服を着替えさせ、手洗いうがいをさせる

幼稚園ぐらいまでは、子どもの好きなキャラクター入りのマスクを購入したり、外側に私がサインペンでちょっとしたマークやイラストを描いてあげたりもしていましたよ。

少し大きくなった子にはきちんと「マスクをして予防する理由」を説明してあげるといいようです。子供だましとよく言いますが、適当に言いくるめるのはよくありません。

きちんと「外の花粉が鼻から入って喉に入って体に入る」からマスクで入らないようにするのだ、そうすればくしゃみや鼻水も少しよくなるよ、と医師がお母さんに説明するように、話してみて下さい。

ダニやホコリによる家庭内のアレルギー対策

  • (1)部屋の換気を充分に行う
  • (2)ダニが繁殖しやすい布団や子どもが抱きしめるぬいぐるみは頻繁に干したり、洗濯しておく
  • (3)湿度が高くなるとダニが増えるので、除湿器を使う
  • (4)家中ピカピカに掃除しても「見えない場所のホコリ」「ダニ」が原因となる場合が多いので、ダニよけなど市販の薬剤も上手に使う

換気や除湿というのは親のちょっとした気配りですむことです。

掃除機も最近はいろいろな種類が出ていますね。ダニ除去に強いタイプを選ぶのもポイントです。

ただダニは目で見て確認できるわけでもないので、やはりダニ除去をするのが一番手っ取り早く、効果的。

http://daniyoke-silica.com/

こうした簡単に使えるものを家中に置いておくといいと思います。

ダニやカビ、ホコリによるアレルギーの場合は、お母さんがすごく神経質になってしまうのもよくないようです。毎日雑巾がけをして隅々まで掃除機もかけているのに……と頭を悩ます姿を見て、子どもも神経質になり、ストレスがかかってアレルギーをひどくする事もあるそうです。

アレルギーが「ストレスが原因?」と私も思ったのですが、当時かかっていた耳鼻科の先生に言われた事があるんです。

『お母さんがそう過敏に対応してしまうと、子どもも環境に過敏になりすぎてしまう。本来、ホコリもダニも昔からどの家にもいるもので、お子さんぐらいの症状なら、?ホコリで死なない?という言葉どおりなんだから。逆にキレイにしなくちゃ、と目を吊り上げているとお子さんにストレスがかかって、そのストレスが症状を悪化させるというデータも実際にあるんだよ』

ストレスから症状が悪化し、さらに悪化した症状に悩まされてストレスが増す……そんな悪循環を避けるためにも、家庭で簡単にできる対策を行いながら「だんだん良くなるよ〜」とおおらかに子どもと接したいですね!

*深刻な症状を引き起こす食物アレルギーや、治療の必要なアレルギー症状は医師の指導どおりに対応するようにしましょう。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内