スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 栄養管理・食育
  3. 帰宅後「10分!」働くママにオススメ「簡単手間いらず献立」

帰宅後「10分!」働くママにオススメ「簡単手間いらず献立」

働くママだけではありません。

小さいお子さんを持つお母さんも、授乳の合間や外出から帰宅してからキッチンにこもる事なく出来る「献立」を紹介します。
私は料理上手ではありませんが、かといってスーパーで購入したお惣菜と冷凍食品だけの食卓はイヤ……。

そこで試行錯誤した中で家族から評判の良かった献立を選びました。(*ご飯だけは事前に予約して炊いておいてね!)

簡単手間いらずで10分で夕飯ができる!一汁三菜

一汁三菜和食についてはこちらでも書いています。
子どもにもっと食べさせたい「一汁三菜」和食の献立

《ブリ照焼き定食風》

  • ○ぶりのフライパン照焼き
  • ○ちくわとこんにゃくのいり煮
  • ○ほうれん草のごまダレがけ

最初に小鍋にお湯をわかしておきます。

小さめんフライパンかお鍋にごま油を熱したら、切ったちくわとこんにゃくをいれて約10秒ぐらい、じゃ〜、チリチリとこんにゃくがなるぐらいざっと炒めたら、砂糖たっぷりめ、醤油、お子さんがいない場合なら唐辛子も加えて、お醤油とだし少量をひたひたより少なめぐらいにして中火から強火で炒りつけます。汁がなくなるまでしっかり炒め煮して味をからめるのがコツ。

ブリは薄く油をひいたフライパンで両面を焼いたら、みりん、醤油を回しかけて照りつけるだけ。小鍋のお湯でほうれん草をさっと茹でたらよく水にさらしながら冷まして切り分けておきます。

全体が醤油味なので、これはさっぱりならポン酢がけでも、うちはゴマだれを子どもが好きなのでかけて食べます。
時間があるなら、煎ったゴマで本格的なゴマ和えにしても。

《中華風献立》

  • ○簡単10分ジャージャー麺
  • ○中華風パリパリサラダ
  • ○ザーサイかメンマ
  • ○わかめスープ

大鍋にお湯をわかしておきます。フライパンに油をすこし多めにいれて熱したら、ワンタンの皮を細めに切ったものをいれて色づくまで揚げます。あっという間に揚がる(だいたい30秒ぐらい)のでさっさと揚げてペーパータオルの上で油を切っておきます。

そのフライパンの余分な油を捨てたら、豚ひき肉と残り野菜のみじん切り(私はフープロを利用、ブロッコリの芯やキャベツの芯、残ったしいたけ1コとか人参の切れ端とかタマネギとか)を強火で炒めてショウガを加えたら、砂糖多め、(赤みそ+甜麺醤、またはなければ普通の味噌+甜麺醤多めで)、ほんの少量のお水かお酒を足してひたすら炒めます。

汁気がなくなるまで炒めますが、すこし甘めぐらいの方がおいしいので甜麺醤の量にもよりますが、味を見て砂糖を足しても。
レタスやきゅうりを皿にのせて、ワンタンの皮のぱりぱり揚げをのせておきます。頂く時に中華風ドレッシングか、醤油風味のドレッシングにごま油をかけたもの、あるいは塩味ドレッシングなどでどうぞ。

鍋でラーメンの麺をゆでたら、お湯切りした後は氷水に入れて急冷させ、よく水切りをしておきます。

麺をのせ、肉味噌をのせて、あれば千切りのキュウリやネギをのせても。

あとは市販のわかめスープのもとでスープを作り、瓶詰めのザーサイかメンマを箸休めにすれば、パパはビールなんかでも上等!

《洋風献立》

  • ○豚ロース肉のピザ風グリル
  • ○温玉(風)のせシーザーサラダもどき
  • ○バニラアイスのホットチョコがけ

トンカツ用の豚肉は包丁でところどころ切れ目を入れて、塩こしょうして焼きます。肉をフライパンの横に寄せて、あいた所でざっとタマネギとピーマンの千切りを炒めたら、市販のトマトソース(チキンの煮込み用とかトマトソース缶詰など利用)を加えて一煮立ちさせます。とろけるピザ用チーズを回しかけてフライパンのフタをして1〜2分。

シーザーサラダ風はレタスをちぎっておき、ボウルにマヨネーズとおろしニンニク、イタリアンドレッシング少々を加えて混ぜておきます。小鍋にお湯をわかしたら、沸騰している中に卵を割ってポンと入れて、2〜3分。ボウルのドレッシングの中にレタスを入れて、あればベーコンチップとかクルトンとか入れて。

盛りつけてから、お湯を切った卵をのせて、つぶしながら食べます。

豚はご飯にもあうし、フランスパンにすれば、けっこうお洒落な洋風ディナーでワインでも添えればお客様料理にも。

洋食なのでデザートも。普通のバニラアイスに、板チョコを湯煎にかけたものを回しかけます。うちでよくやるのは、「柿ピー」を食べた時。

子どもがピーナッツだけ残すので(笑)そのピーナッツをくだいて、アイスとホットチョコの上にかけると、簡単「チョコサンデー風」で子どもが喜びます。

と、まあ、ざっと代表的なものをあげましたが、それなりの食卓になるもんです。

コツは

  • まず鍋に水をいれてお湯をわかしておく
  • 献立の順序をイメトレして(帰宅途中などにだいたい、最初にコレをして、その間に野菜を切って、などと考えておく)おく
  • 顆粒だしやトマトソースの缶詰など、「元になる味」は常備

http://premium-ec.com/?action_Pc_Freepage_View=true&f_id=94763

(↑コレ、和風だしの中でも非常に本格的なので「手間いらず」のクセにホンモノの味を再現できるのでオススメ)

ことですね。お湯がわくのは割合と時間がかかるので、野菜をゆでるにしろ、スープにするにしろ使えるわけで、まずお湯をかけておきます。それから大急ぎで着替えをしてキッチンに立つ感じですね〜。

忙しい時でも「ママの味」で、家族をおもてなししてあげて下さいね。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内