スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 教育方法
  3. 子どもが「スマホでトラブル」に巻き込まれないようにする方法

子どもが「スマホでトラブル」に巻き込まれないようにする方法

いまどき小学生のスマホ事情は

うちは男の子ですが、どうも周囲を見ているとやはり女子の方がより「早くから本人専用のスマホを持たせている」ことが多いようです。

ちなみに小学校は基本的に「携帯電話は禁止」で、遠距離通学をしているとか母子家庭で親の就業時間の問題など、特に理由がある場合のみ学校にも携帯できることになっています。

小学校によって違うようですが、全く無制限にスマホ所持を認めている所は少ないのではないでしょうか。

でも、学校はともかくとして小学校も高学年になると塾などに通うにようになり、それがきっかけでスマホを持たせるというママの話をよく聞きますね。

また、周囲の子がスマホを持ち始めて、それでいろいろな連絡(遊びの約束とか)をするようになると、持っていないと「誘われない」という現実的な問題になり、親のほうも既に「スマホ世代」だったりするわけで、中には早くから普通に持たせているなんて人も。

けっこう、親それぞれで考え方が違うので、意外と難しい問題なんです。

スマホを持たせるなら・18の約束もっと簡単に管理!

少し前に、アメリカで13歳の息子にiPhoneをプレゼントとしてあげた時に母親が18の約束をさせた事が話題になりました。

内容を見ると、母親視線で「息子をスマホ漬けにしない」約束事が並んでいます。具体的な指示が多いのですが、中に

「サイバースペースはあなたより巨大で強力です」

という1文があるのに目を引かれました。

確かにスマホは小さなマシンでしかありませんが、そこから広がるサイバースペースは小学生や中学生には理解も想像もできないほど大きく、とてもコントロールできるものではありません。

母親として、いつ子どもにスマホを持たせるかはそれぞれの環境や状況によって違うでしょう。

持たせるのも、持たせないのも、どちらが正解というわけでもありません。既にスマホはほとんどの大人がコミュニケーションツールとして使用しており、いずれ使う事にはなるわけですから。

でも、とりあえず、子どもにスマホを持たせる選択をしたのだとしたら、大きなトラブルに巻き込まれないような事前の対策は絶対に必要です。18の約束のように、まず親子で使い方を話し合い、家族間でのルールを作るのも大切です。

ただ、これは実際に小学生の子どもに「そのルールの意味を理解させ、そして守らせる」のは難しいと思います。

18の約束の中でも、「他人や自分のプライベートな写真を送ったり受け取ったりするな」それはリスクが大きく、学校生活や人生も壊してしまう危険性があるからだとしています。

全く正しい意見ですが、この理由を小学生に理解させるのは少々無理があります。わからなくても「それを守らせる」のはしつけの一環ですし、それでいいとは思いますが、実際に親の目の届かないであろうスマホの利用方法で約束をきちんと守れるかどうかは微妙なところです。

身近な対策としては、やはりスマホ本体に規制をかけるのが一番でしょう。

http://smamori.jp/lp/

さまざまな子ども向けのモニタリングシステムがあるようですが、こういったものを利用して、少なくともスマホを介した「大きなトラブル」に巻き込まれないようにするのが大事です。

  • 有害なサイトをブロックする
  • 子どものスマホの利用状況を常に把握できる
  • アプリを利用した課金の使用制限をする
  • これらは基本的とも言うべき、トラブル回避の方法です。さらに、
  • スマホを使える「使用時間を細かく設定」できる

この機能を上手に利用して、食事中から寝るとき、果てはトイレに入る時までスマホを手放せないような子どもにしないようにしたいですね。

いずれにしても、小学生・中学生を持つ母親にとって「スマホをどう使わせるか」は大きな問題です。

まずは親子で、その前には夫婦で、スマホを持たせる・持たせない、そして持たせるなら「利用法」についてをよく話し合うようにしたいですね。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内