スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 教育方法
  3. 丈夫で軽い!厳選ランドセル選び「通販で買う時のポイント」

丈夫で軽い!厳選ランドセル選び「通販で買う時のポイント」

入学を前に悩むのが「ランドセル選び」ですね。最近は量販店で安いものなら1万円台から購入できるいっぽうで、フルオーダーで10万以上するものも珍しくありません。

私の夫が子どものランドセルをどうしようかと話していた時に、「よく考えてみなよ、6年間使うんだよ。たとえば12万するランドセルでも年間にしたら2万。しかも12ヶ月使うんだから、月額にしたら2,000円以下。

月賦に例えるのもヘんだけど、それだけ使うもので、毎日子どもが背負って通うんだから、丈夫で軽くて使いやすいものなら、ある程度値段が高くなっても納得できるものがいいんじゃないか」と言いました。

確かに安いから悪いといったものではありませんが、やはり現実的に「金額=品質」といったところはあるでしょう。色や皮を選び、デザインで凝りたい人のオーダーメイドは別にしても、やはりきちんとした高品質のランドセルがいいのではないかなとも思います。私の経験をもとに「通販サイトでランドセルを買う場合」のポイントを挙げておきます。

【ランドセル選びのポイント「通販で買う場合の注意点」】

耐久性「しっかりしているか?」

なにしろ6年間使います。縫い目がほつれてきたり、角がすりきれてきたり、中にはベルトの調整がうまくいかなくなったりするものも出てきます。

お値段がやけに安いなぁというものは、どうしても縫製や金具といった部分がウィークポイント。通販では実際にランドセルそのものに触れられるわけではありません。金具やベルトの説明が詳細で、具体的な画像で確認できるものが安心です。

子どもが背負いやすいかどうか

ランドセルは本来は子どもに試着(というか背負わせてみる)のが大切です。とはいえ、おじいちゃんおばあちゃんにプレゼントしてもらう場合も多いでしょうし、お子さんに内緒で用意して驚かせるなんて事もあるでしょう。

こういう時にはベルトがしっかり調節できて、ランドセルが体にフィットするような工夫がされているかどうかを必ずチェックします。

使い勝手を確認

ほとんどがA4サイズ対応になっているようですが、実際に小学校に子どもを通わせるとわかりますが、最近はA4サイズが普通に入る大きさでないと不便です。A4フラットファイル対応かどうかは要チェックですね。

重さ

重さはかなり違いがあります。高級な牛側仕様ですと実は1.5キロぐらいあるものもあります。耐久性とのバランスにもよりますし、好みもあります。また子どもはあっという間に大きくなるので、多少重く思えても3年生あたりからはすっかりなじむという考え方もできます。

お子さんの体格や体力を考えつつ選びましょう。だいたい1キロ以下だと「かなり軽い」と感じますし、比較としては1.5キロを越えると「少々他と比べると重い」と感じるでしょう。ランドセルの重さは明記されているはずなので、必ず確認します。

子どもが「好きなもの」

色やデザイン、女の子なら「ファッションブランド系のもの」とか「紫でラメが入っていてハートマークがついているもの」など意外と子どもなりの「好み」があります。

ランドセルは長く使うので一時の「好み」で選ぶと後々失敗したと感じますから、まずお子さんとたくさんのランドセルをチェックして、ある程度は客観的な大人の意見もまじえて選ぶとよいでしょう。

その点、サイトで購入するのは、店舗と違って「じっくり落ち着いて」選べるのがメリットです。その場の雰囲気に流されやすいのが子どもの特徴ですが、通販サイトなら目移りして、「見た目だけで選ぶ」ことが少ないと思います。

私の個人的なお勧めは、

http://www.randoseru-onlystyle.com/

値段は決して安いとは言えませんが、まず妥当な価格帯です。このあたりの値段で選ぶと間違いがありません。

他には、有名なところでは「セイバン」

セイバン

全体的に安いラインナップが豊富なのが、ニトリですね。

ニトリ

ところで、上記で紹介した「ランドセル専門店」ですが、この通販サイトではなんとレカロ特製のデスクチェアも取り扱っているようです。こちらはお値段も高額ですが、家でお仕事をするご主人を持つ人やオフィスを経営している人がいたら、ついでにちょっと見てみるといいかも!

http://deskchair.jp/about.html

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内