スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 教育方法
  3. 子どもにお片づけさせる「コツ3つ」

子どもにお片づけさせる「コツ3つ」

最近はゴミ屋敷などと言って、捨てられない・溜めるだけという社会現象までみられるようになりましたが、それは極端な話としても、「片づけられない」大人が増えているのは事実です。小さいうちから「お片づけ」の習慣づけは大切な躾のひとつと言えるのでしょう。

子育ての中でも多いのが「子どもが片付けを嫌がる」「いくら言っても散らかすばかりで片づけない」といった悩みですね。

子どもが「お片づけする」コツは3つ!

《1》叱らないで「誘いかける」

「片づけなさいッ」「なんで出したものを片づけないの?」「さっき出したばかりじゃない」「片づけないなら捨てるわよ」……と、母親なら誰でも1度は口にした事がありそうなセリフですね。かくいう私も何度口にしたかわかりません。でも、やはり「叱るより褒める」ほうがうまくいくのが子育ての基本なんです。

できるだけ、叱るよりも「さぁお片づけの時間だよ〜」と幼児向けの歌をうたいながら誘ったり、一緒に「コレ拾おうね、ママはこっちね」と誘いながら片付けタイムに誘導するのばベストです。

少し大きくなった子(小学校低学年)でも、「もうすぐご飯だから片づけて」「はい」とはそううまくいかないものです。このぐらいの年齢でも、まず母親が落ちている本の1冊でも拾って「ママはリビングの片付けするよー、○○ちゃんはそっちのゲームをもうしまっておいて」と同時に一緒に行う雰囲気にしていきましょう。

《2》しまいやすい収納は必須

片づけないのは「片づける場所がない」または「片づける場所まで行くのが面倒」「片づけるのが大変」といった理由が影響します。

幼児から小学生ぐらいまでなら、リビングで遊ぶ事も多いでしょうから、子供部屋まで行かなくてもリビングで片づけられる「子ども専用の収納」を用意しましょう。

これは大きなカゴやボックスでもいいし、部屋に余裕があるなら子供用の家具でもいい。あまり細かく区切らず、放り込めばいい程度の「ざっくり収納」にしておくのもポイントです。

《3》そもそも「オモチャ」片づけるモノが多すぎないか

実は大きな原因としてあげられるのが「オモチャが多すぎる」といった事にあります。誕生日などに買ってもらうオオモノ以外にもファーストフードのオマケやらちょっとしたカードや頂き物といった具合にたいして遊びもしないのにオモチャがたくさんあるという家は多いものです。

また、3歳の頃のオモチャが小学校入学時にも山ほど残っているという家もあります。兄弟がいるならともかく、使わなくなったオモチャや年齢と共に必要のなくなったモノはどんどん処分するのが大切です。

それこそ一時期流行した「断捨離」ではありませんが、やはりそもそも片づけなくてはならないモノが多すぎては、大変になるに決まっているのです。

ただし子どもは「必要か?」と聞けば、大抵「コレは大事」などと言うものですから、そう簡単に捨てられません。一定の期間を区切って、いるものといらないものはある程度強制的に選ばせていくほうがよいでしょう。

便利な「オモチャ処分」の方法

・オモチャの買取マニア向けと思いがちですが、意外と普通のオモチャでも買取してもらえます。
http://www.toy-forest.jp/

・オモチャのとりかえっこ団体オモチャのリサイクルですね。美術家の先生が主催しているようですが、使わなくなったオモチャをとりかえっこするシステムです。
【http://kaekko.exblog.jp】

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内