スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 教育方法
  3. 子どもの情操教育って何をすればいいの?

子どもの情操教育って何をすればいいの?

子どもを育てていると、「胎教」からはじまって、子どもの情操教育について色々な情報を耳にすると思います。

そもそも「情操教育」って何?

精神的な安定、道徳や芸術的な感情や意志、高い感性といったものを高めるための教育です。

例えば、小学校なら

  • ・図工
  • ・音楽
  • ・道徳

などの授業がそのひとつと言えるようですね。

もっと簡単な言葉に言い換えると、

  • 考える力
  • ひらめき
  • 感性
  • センス
  • 想像力

こういった「精神的な力」の部分を育てようという教育方法です。だいたい「豊かな情感」って実はとっても曖昧でわかりづらい(笑)要するに「こころのための教育」という実に幅広い範囲を示すのではないでしょうか。

わが子に選びたい情操教育オススメは

ふたりの子どもを育てている中で感じたのは、例え同じ遺伝子系や環境を与えているはずの兄弟姉妹でも、性格や持ってうまれた資質はまるで違うという事です。

ピアノを与えていれば音楽に対する感性が豊かになるとは限らないし、絵の教室に通えば「想像力がアップする」というわけでもないでしょう。

もっと言えば、例えば夜寝る前におかあさんが表情豊かに絵本を読んであげるといった事でも、充分「情操教育」のひとつと言えます。

ただ、問題は実際にママのほうにそれだけのゆとりがあるかどうか、という点だと思います。

私自身もそうでした(今もですが)が、毎日忙しく、仕事をしているママにとっては、お子さんと半日もかけてふたりで工作をして楽しむとか、音楽会に行ってみるとか、ワークショップのようなものに参加してみるといった事も年に数度しかできませんよね。

情操教育はココに注意!

  • 子どもに強制して「やらせる」ものではない
  • その為に成績や順位がついて親に叱られるようなものではない
  • 子どもが楽しめて好きなことが基本

ピアノ教室も絵画教室でも合唱団に入るのもそのひとつ。でも、それを親が子どもに強制してしまったら情操教育ではなく、あくまで「親が求める子どもの理想像」に近づけるための「手段」でしかなくなってしまいます。

子どもが「絵が大好き!」で、近所にいい教室があって、そこで家ではなかなか出来ない工作や版画なんかを体験したりして、「楽しいなぁ、あの教室行くとすごくワクワクする!」という気持ちを持てるようなら、その教室はまさに「あなたのお子さんにとってベストな情操教育の場」となるでしょう。

私としてはオススメなのが、演劇系ですね。というのは、情操教育の中のひとつとして「表現する力」を考えた時に、これを親が教えるというか上手に導くのはとても難しいように思えるからです。

最近、就活でもプレゼン力やコミュニケーション能力が重要視されていますが、これこそ元は「情操教育」から伸びていく力です。

有名なところでは「劇団ひまわり」とかかな。テアトルアカデミーも有名ですね。

劇団ひまわり
加藤清史郎・加藤憲史郎くん兄弟が所属しています。トヨタの子ども店長で両者有名になりましたよね。

テアトルアカデミー
鈴木福くん、小林星蘭ちゃんが所属しています。所属タレントの赤ちゃん部門が超かわいい(笑)

個人的にはこうした中規模の劇団はとても面倒見がいいという印象があります。

http://avance-kids.com/

情操教育でこころを豊かに育てて、豊かな感性を充分に周囲にアピールできる(表現できる)力をつける。そこまで考えた親の配慮が大切なのではと思います。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内