スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 育児
  3. 赤ちゃん~1歳ぐらいのチビ連れでショッピングしたい!

赤ちゃん~1歳ぐらいのチビ連れでショッピングしたい!

赤ちゃんや小さいお子さん連れで「本当はショッピングとかに行きたいんだけど」

  • 子供がすぐに大泣きするタイプ
  • 飽きてぎゃぁぎゃぁなるので懲りた
  • 新米ママで赤ちゃん連れで出かける勇気が持てない

こんなママもけっこういるみたいですね。

【1】まずは近距離・短時間でチャレンジしてみよう

大きなショッピングモールでゆっくり自分の洋服などのショッピングも楽しみたいでしょうけれど、最初はまず近場で短時間のお出かけにしてみるといいですよ。歩いて5分程度のスーパーとか、銀行とか、ちょっとした用事をすませるのに赤ちゃんや小さい子を連れていきましょう。

途中でギャーギャー泣いてしまったら、すぐおウチへ戻れる程度の所なら安心です。お母さんが「大泣きしたらどうしよう」と思うとその気持ちが不思議と赤ちゃんにも伝わり不安になるのです。親子共に「まずはお散歩」ぐらいに考えて外出して慣れていくといいと思います。

【2】おでかけ対策ポイント

赤ちゃんや1歳ぐらいまでなら、授乳や昼寝の時間をある程度みはからって外出するのがポイントです。私の場合は午前中の10時前後に授乳し、それから30分ぐらいでわりと寝てくれるというパターンがわかったので、このタイミングでベビーカーに乗せると、しばらく寝てくれていました。

お腹も満腹で寝入ってすぐの時は少々音のうるさい場所でも起きないので、このタイミングで1時間ぐらいの外出予定を立てるとわりとうまくいきましたね。

それと、授乳時と昼寝のポイントがわかってくると、大泣きしている子供の理由もわかりやすい。「お腹もすいていないはずだし、まだ眠くないからオムツ」とか「普段より寝ている時間が短くて起きちゃったから不機嫌なんだ、これだと抱っこしてあやすしかないな」とか具体的な対策がピンとくるようになります。

【3】周囲の反応はあまり気にしすぎない

電車や大型モールなどで赤ちゃんが大泣きしていると、「あらあら大丈夫よ」と笑顔で接してくれるお年寄りや先輩ママがいるいっぽうで、いかにも「ウルサイ」といった顔をする人がいるのも現実です。

でもしょうがない、泣かせっぱなしで虐待しているのとはワケが違うのですから、「こういう時もある」と割り切りましょう。

そして子連れで出かけて大泣きされて大変だった、イヤな思いをしたという気持ちはその日のうちに吐き出してしまってストレスをためないのも大切。パパや友達に「今日は大変だったんだから!」と聞いてもらうといいですよ!

【4】パパや母親など「もう1人の大人」と一緒に出かける

身内が一番楽ですが、ママ友でももちろん大丈夫。ひとりで出かけると赤ちゃんがギャン泣きした時点であたふたしてしまいますが、側にもうひとり大人がいれば、どちらかが抱っこして外に出たり、車に戻るとか、いろいろと方法も取れます。

ママ友同士なら、お互いの子が泣いても当たり前。例え赤ちゃんの様子次第で「先に帰る」となってもお互い様だから気になりません。

【5】それでもダメならネットで通販でも

外出してショッピングこそ気分転換にもなるものですが、中にはお子さんの性質からか「お外へ出るたびに大泣き」とか「人ごみの中へいくと手がつけられないぐらい泣いてどうにもならない」なんて事もあります。

だけど、こういうタイプの赤ちゃんもずーっとそのまんま、「泣き止まない大人」になるわけではないのですからあまり心配しすぎないで下さいね! 俗に扱いづらいとか育てにくいと言われる子供が成長するにつれ、「うそのようにラクになる」ことが多いんですから。
今はネットがありますから、色々な通販サイトをチェックして楽しみましょう。可愛い子供服や自分用の化粧品なんかを選んで、買い物気分を楽しむのもひとつの方法です。

http://www.andapres.com/f/dsd1-001005---2-2-2-64

こんなの見てるとホノボノ、楽しいですね~。最近はホント、子供服のサイトなんかも豊富になって羨ましいです。今わたしが出産したら、かなり散財してしまいそう(笑)

赤ちゃんや小さい子に「外出慣れ」してもらう為にも、ママが億劫にならなくてすむ方法をいろいろと工夫してみましょう。

ベビーカーがダメな子も抱っこヒモでママにピッタリくっついていると意外と長時間平気とか、その逆もあります。1歳ぐらいなら途中で外で少し歩かせて気分転換させるとか、お菓子などで気を紛らす方法もあるでしょう。

「大泣きする赤ちゃんがいるからどこも出かけられない」なんて思い込まず、少しずつ慣れていくのがいいですよ!

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内