スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 育児
  3. 「子どもが可愛くない!」大丈夫?あなただけじゃない?ママの気持ち

「子どもが可愛くない!」大丈夫?あなただけじゃない?ママの気持ち

母性は「あって当たり前」と言われます。虐待は許されない事ですが、子育ての最中に「わが子なのに可愛く思えない……」そんな一瞬があるのは、特別な事ではありません。

いっぽうで「親バカ」という言葉があります。どんな子でも「可愛く思える」のが親バカの真骨頂。

「わが子が可愛くない……」そう悩んだら、親バカになれる方法を考えてみるのが実は一番いいんですよ!

誰にでもある「わが子が可愛くない」と思える瞬間

  • 何をやっても言うことを聞いてくれない時
  • 外で騒いだり大泣きで周囲から冷たい目で見られた時
  • すごく頑張っているのに何もかもうまくいかない時
  • 他の子と比べてひどく劣るように思える時
  • 自分の時間が全くとれず、家事と子育てだけに追われている時
  • ハッキリ言って「見た目」が可愛くないと思った時

まだまだ、あげたらキリがありません。

しかし大別すると、

余裕がなく、苛立ちが増す瞬間

  • ママは頑張っているのに子どもが思った通りに育たない
  • 周囲の協力が得られず、それどころか周囲の冷たさが身にしみる
  • 自分のための時間が全くない

わが子の印象の問題

  • 他の子と比較した時の劣等感
  • 実際に見た目の印象が可愛くない

と2つに分けられます。

「わが子が可愛い」と思えるようになる改善法

まず、「余裕がなくイライラが増してしまう」問題です。

  • 〈1〉自分の時間を作ろう
  • 〈2〉苛立の気持ちを吐き出そう
  • 〈3〉親がなくても子は育つ

誰にでも子育てのストレスはあります。原因はさまざまですし、その原因を追及しても改善法が見つからない事が多いのが現実です。

例えば、外に出ると興奮するタイプの子は「興奮させない」のが対処法になるのですが、実際にはそううまくはいきません。興奮させない為にどこにも外出しないのこそ、不自然な子育てです。

ですから、イライラの「もと」を簡単に解決できない時は、そこから離れた「自分の時間」を持つのが大切です。

趣味やスポーツ、美容院へ行く、図書館やショッピングに行く。

とにかく夫が休みの日にでも、1時間でもいいから子どもから離れた「自分だけの時間」を作りましょう。

カフェで一杯のコーヒーを飲むだけでもいいのです。

それから「親子の悩み」を忌憚なく話せるのはやはり身内だけです。夫、あるいは母親などに愚痴や悩みを相談しましょう。また気持ちを共有できる、同じママ友と思いっきり「最低だよね!」とイラだちを吐き出してしまいましょう。
ため込んだ「イライラ」がわが子に対する気持ちをだんだんと萎えさせていくのです。

極論を言えば「親がなくても子は育つ」です。完ぺきな親などあり得ず、時にうまくいかなくても、「なんだかんだと健康に育てば」とおおらかな気持ちを持てるようになりましょう。

身も蓋もない言い方ですが、「子柄の良い子」と悪いタイプの子がいるのも事実です。子役タレントを見ているとわかりますが、いかにも「見た目にも可愛い」子もいれば、小さいうちはちょっと見劣りがするように思える場合もある。

他の子と比べてしまうのも、顔かたちだけでなく、体力や身長や、もっと簡単な事「積木ができる」とか「数字がわかる」とか……。

そんな事でも比較しているうちに「ウチの子ってバカみたい」とか「ウチの子は見ためも可愛くない」などという、その本音を口にしたら周囲から「なんて親だ」と言われそうな事を心の中で思う事もあるでしょう。

それもまた、誰でも1度や2度は経験する事です。そんな風に思った事で罪悪感に悩まされるよりも、冒頭にあげたように「気分転換」をして、フレッシュな気持ちで子どもと相対するほうが良いのです。

私も下の子はかなり個性的なタイプで、幼稚園前後ぐらいの年齢では、その変わった振舞に少々戸惑い、この子大丈夫かしらと思い、やがて「ヘンな子」と思った事もあります。

その時に思ったのですが、ネットで「ウチみたいなタイプの子って病気なのかしら」とか「5歳で○○がまだ出来ないって成長が遅いのかな」と調べると、余計にウツウツとしてくるんですね。

それよりも、ネットで可愛い子供服を探したり、親子お揃いルックを見つけたりして、「わが子と自分のペア」で楽しいものを見つけるのもいいですよ。

オンラインショップなら24時間いつでも、地方や田舎に住んでいてもチェックできるでしょう?

http://fo-online.jp/apreslescours/

可愛い子供服を見ていると、「ウチの子ならこんなのが似合うかも」なんて、時間がすぎるうちになぜかやっぱり「わが子が一番可愛い」気持ちになってきているのが不思議です。

これがまさに親バカ?(笑)

でも、つまり、「親バカになれる瞬間」を持つ事こそが、「子どもが可愛くない」ことから脱却できるポイントなのです。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内