スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 育児
  3. 小学生になっても必要!育児記録にもなる『母子手帳の活用法』

小学生になっても必要!育児記録にもなる『母子手帳の活用法』

妊娠と同時に発行してもらう母子手帳。「出産のときや出生届の時に必要で、あとは健診で使うんだよね」と思っているママが多いと思います。

そこで先輩ママとしてアドバイスをひとつ!

母子手帳は大切な育児記録、上手に活用すればこれ1冊で子供の記録がすべてできるんです。「育児記録ノート」もいろいろと売られていますが、最初のうちは勇んで記入していてもいつの間にか「そのまんま」になってしまいがちなんですよねー。

その点、母子手帳は健診等でも必要なだけに、3歳ぐらいまでは普段から頻繁に利用すると思うのでコレ1冊を「育児記録」として使うほうが結局長続きすると思います。

まず母子手帳を発行してもらったらするべき事は

当然ながら保護者の氏名や表紙や表紙裏にある、緊急時の連絡先、現在の状況などを記入しておきましょう。

記入欄には仕事をしているなら、どんな職種か、といったことも書くようになっています。健康状態や喫煙の有無、服用している薬なども書き込めます。これは何か万が一のことがあった時、妊婦さんに直接聞けない状態でも最善の救命救急が行えるようにするためでもありますから大切です。

自由に書き込めるノート部分を利用しよう

自治体によって多少違いますが、妊婦さんである間にメモできるページがついていたり、自由に書き込める欄もあります。
そこで初めて胎動を感じた時や、ちょっと体調が悪いなと思った時などもメモしておくといいですよ。

赤ちゃんが産まれてからも、健診ページにもお母さんが気づいた事を書く場所がありますから、日頃から子供の成長で気にかかる事などがあったらこまめにメモしておきましょう。

健診って数ヶ月おきになので、その時は「こんな吐き方をしたけど大丈夫かしら、次の健診で一応聞いてみよう」なんて思っていても意外と忘れちゃったりするんです。ここにメモしておけば忘れませんし、二人目や三人目を妊娠した時もとても参考になります。

心配事だけでなく、「初めてガラガラをちゃんと握った」とか短くてもいいから記録しておくと後から見ても楽しいです。今、母子手帳を見ると「初めて「ママ」といってくれた日」なんて記録もあって、これを見ていると反抗期に入ったわが子に対してちょっぴり「優しい気分を取り戻せる」効果もあります(笑)

病院や予防接種の記録は後から必要になる

予防接種の記録や病歴など、赤ちゃんのうちはかなりお母さんも神経質になっているものですが、実はだんだんと大きくなるにつれて記憶も薄れてしまうんですよね。

ところが、実際にはこの欄が後々まですごく重要なんです。

まず小学校入学の時に、大抵の学校で健康調査票のようなものを記入します。ここに「いつどの予防接種を行ったか」「水疱瘡にかかったことがあるか、かかったのならいつか」といったような欄があるんです。

私も最初の子供のときは「え~っ!覚えてないよー」と焦りました。すっかり母子手帳も使っていなかったので、しまいこんでいた場所が思い出せず探すのに苦労しました。

それからこれも地域によって違うでしょうが、うちの場合は小学校2年生の時に「自分のこと調べ」みたいのがあって、親に「産まれたときの事や1歳、2歳、3歳の頃のことを聞いてレポートを書く」という学習がありました。

この時も母子手帳を取り出して、子供に産まれたときの体重や、体重グラフを見せて「小さめだったからママは心配したものだ」なんて話を聞かせました。他のママも「あわてて母子手帳を探したわ~」なんて言っていましたから、やはり大事に保管しておく必要があると思いますね。

そういうわけで、実は母子手帳ってながーく持つものなんですね。

病院に持参したり、小さいうちは持ち運ぶことが多いので、ビニールカバーはついているでしょうけど、できればちゃんとした母子手帳カバーやケースをつけておいたほうがキレイに保てます。

私はポケットや仕切りのついた少し大きめの母子手帳ケースを利用していました。母子手帳以外にちょっとしたメモのきれはしや、病院の明細やレシート、子供の記録で必要なもの、写真なんかも保管できるので便利でしたよ。

その後も小学校、中学校でも「追加で予防接種」した記録や、自費で受けた場合の明細もその母子手帳ケースにしまってあります。

これ1冊でとにかく「子供が生まれた時からの成長記録」がわかるわけです。

あまり想像したくはありませんが、万が一、小学生や中学生になって大きな病気にかかった時も赤ちゃんのときの体調や病歴、予防接種歴などがきちんとお医者さんに伝えることができるかがとても重要です。

そういう意味でも母子手帳はとても大切なもの、母親目線のメモも保存しておき、大切に扱いましょう。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内