スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. 育児
  3. ブランクあけで育児中の再就職!何からスタートすればいい?

ブランクあけで育児中の再就職!何からスタートすればいい?

結婚や出産を機に、これまでの仕事を退職した女性も多いでしょう。

育児は女性にとって大きな仕事とも言えますし、たくさんの喜びを(時に泣きたくなるほど大変だけど!)与えてくれます。

しかし、子どもが少しずつ成長にするにつれて、大きな負担となってくるのが「教育費」です。

教育費とは学校にかかるお金だけではありません。最近は小さいうちから習い事に通わせるのも当たり前ですし、小学生のうちから塾に通うのも珍しくありません。

目に見えづらいお金(例えば塾への交通費、習い事や部活にかかる費用など)も思っている以上にかかっているのが現実です。

子育てと両立できる再就職をめざそう!

再就職のタイミングはいつがベスト?

これは子どもの状況や夫の収入などによって違います。また保育園など子どもを預けられる環境が整っているかどうかという問題もあります。例えばパートで働くならば、幼稚園入園をタイミングとする人もいますが、やはり多いのは小学校入学後というパターン。

保育園はなかなか入るのが難しいのが現状ですが、学童は比較的入りやすいので、フルタイムで働くことも可能です。

ただし、学童は小学校3年?4年で終了するので、意外とその後の対応が難しいという現実はあります。

再就職の準備

子どもの預け先について

小さいうちなら保育園、小学校に入学したら学童や私立系の学童保育、ある程度大きくなってからは子どもだけで過ごす放課後の過ごし方など、「お母さんが働いている時間」のお子さんの過ごし方を決めましょう。

保育園の問題は非常に大きく、また自治体によっても大きな差があります。まずは最寄りの役所へ相談すると同時に、同年齢の子をもつママ同士で情報交換をするのがポイントです。

就職活動について

オススメはふたつ。

【1】ネットを利用した就職活動

最近は転職や再就職を支援するサービスもかなり充実しています。特に資格のある人(看護師や薬剤師、簿記や金融事務経験など)は、こうしたサービスに登録して再就職先探しや入職のサポートをしてもらうのが便利。

資格に特化した求人エントリーもあるので、チェックしてみましょう。

http://seiko-medicalbrain.co.jp/recruit_lp/child.html

【2】地元の情報誌による求人を見つける

子育て中ならば、なるべく住んでいる地域での再就職がラクです。大手の求人情報誌は求人数は豊富ですが、逆に地元向けのコミュニティ紙や広報誌をうまく利用すると、地元密着型の職場が見つかります。

場合によっては「在宅」という働き方もアリ

在宅の仕事は正直に言って、「稼げる」仕事はあまりないのが現状です。とはいえ、あいた時間や育児の時間を減らすことなく仕事ができるのは大きなメリットです。

例えば手のかかる子どもがいる、蒲柳な質で子どもを預けるのは不安が残る、いきなりフルタイムで働くのは心配、という人にはいいかもしれません。

ネット上での在宅ワークの検索は見極めも大切です。中には悪質なところもあるので要注意。

いわば「内職」といった形の在宅は、ほとんどが口コミや地元の情報が頼りなので、日頃から周囲の人に「家でできる簡単な仕事ってあるかしら」とアピールしておくのも大切です。

育児からブランクあけ 再就職の不安を解消

資格のある人は強い!ブランクあけサポートのある職場を選ぼう

資格を持つ人の場合は需要が大きいために、会社(職場)側も手厚いサポートを用意している場合も多いようです。例えば看護師さんなどだと、いきなり夜勤を入れずにじょじょに勤務体勢を増やして行くなどの対応をしてくれるところも。

また上記で紹介した薬剤師さんの求人でも

http://seiko-medicalbrain.co.jp/recruit_lp/child.html

子どもの行事やイベントに対応してくれたり、病気の時のサポート体制も整っているのだとか。

短時間勤務や育児時間など法的な整備も認識しておく

全ての会社がその通りに実施しているかどうかは別にしても、短時間勤務等、育児・介護休業法などにより定められている法律があることも認識しておきましょう。フレックスタイムや残業時間の制限などもあります。

子どもの不安定な気持ちを理解してあげる

毎日家にいたお母さんが働きに出るというのは、子どもにとっては最初はなかなか理解しにくいものです。

お金が必要だから働くといったストレートな話よりも、「働くことの大切さ」といったものを説いてあげる事が必要かも。
また、お母さんが働くようになった時のお手伝いや家ですごす時のルールも話し合いましょう。

何より夫の協力と理解が大事

久しぶりに仕事に復帰するのですから、子どもの不安とはまた別に「自分自身がちゃんとできるかどうか」といった心配もあるはずです。身近にいる夫と、共働き中の育児も含めて、じっくりと話し合い、時に相談や励ましを受けて頑張りたいですね。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内