スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. ママの美容・健康
  3. 「ツルツル・モチモチ肌」を子育て中でも手に入れたい!「3原則」

「ツルツル・モチモチ肌」を子育て中でも手に入れたい!「3原則」

出産という大役を果たした後にも休みなく続く赤ちゃんのお世話。ちょっとラクになってきたなと思ったら、今度は幼児を連れて公園デビュー。
子育てってゴールがないし、毎日毎日に負われるような感じでふと気づくと「肌がカサカサ」で愕然としたりします。

どうして子育て中に肌荒れが多くなるの?

  • 化粧をきちんと落とす時間がない
  • 紫外線対策などおざなりになってしまう
  • ゆっくりお手入れするヒマがない
  • 出産や授乳で体内の栄養素が肌にまで行き届かない
  • 子育てのストレスが肌荒れを悪化させる
  • 睡眠不足やたまった疲れによる内蔵の不調
  • 多忙でバランスの取れた食事もとれない

忙しい!時間がない!でも子育て中だからこそ「ツルピカ肌」

独身時代や子どもが生まれるまでは、美容にかける時間もたっぷり取ることができたはずです。美容雑誌を見てあれこれ情報を得たり、美容院やエステでゆっくりプロの手でお手入れしてもらったり。

それが子育てがスタートすると、まず時間がない。そして多くの女性の場合、経済的にも「エステなんて、子どもができたらムリムリ!」という事が多いでしょう。

それでも「スッピンでもキレイな肌」になるための3原則があります。

(1)大切なのは洗顔
(2)保湿だけは欠かさない
(3)たっぷりの睡眠とバランスの良い食事

でもこの3原則を守るのが実は大変なんですよねぇ。

就寝前やお風呂に入った時にきちんと化粧を落としてしっかり洗顔したいところですが、赤ちゃんや子どもと一緒だととてもそんな時間は取れません。

睡眠も「とりたくても」夜泣きされれば起きなくてはなりませんし、子どもや夫の食事が優先で自分は「気づいたらお昼ご飯は食べてなかった」とか「残っていたものをつまんだけ」「お菓子があったから食べておしまい」なんてコトはありがちです。

この中では「保湿」はわりと簡単にできることです。とにかく顔なら「洗顔したらオールインワンタイプでもいいので美容液や保湿クリームでカバー」「足や腕も気づいたときに保湿クリームを塗っておく」だけでも大丈夫。

とにかく頻繁に気づいたら保湿するのがポイントです。出産や子育て中となれば、アラサー世代が多いと思いますが、そこから先の年代は「とにかく保湿」がキーワードなんですよ。

私は下の子を産んだ後にずいぶんと肌荒れに悩まされました。肌のハリが一気になくなった感じで、カサつきだけでなく、たるみとかも感じるようになって。

それは肌荒れという事だけでなく、例えば朝目覚めた後にスクっと起き上がれないとか、逆に夜の寝付きが悪いとか、なんとなく疲れがとれないという事もありました。

そんな時に友達から「顔色悪いわねぇ」と言われて、思わず「肌のお手入れなんてするヒマもないし、なんだかずっと疲れが取れないからよ」と答えると、「サプリメントとか飲んでみたら」と勧められました。

サプリメントというとケミカルなイメージで何となく敬遠していたんですが、今は自然なものもたくさんあるみたいですね。

http://www.kin-suppon.com/indexA.html

自分に合う・合わないというものもあるでしょうから、とりあえず試してみるのがいいかも。

まぁ正直なところ、出産をして半年ぐらいまではどうやっても大変なんですよ(笑)

でも離乳する時期ぐらいからは、ちょっと本気で自分のボディケア・美容に関しても考えたほうがいいと思います。サプリメントで体内から改善していくのもひとつの方法だし、授乳時期が終われば夫に預けて美容院へ行ったり、エステへ行く時間だって作れるでしょう。

体内の改善も肌のお手入れも、少しでも早くからとりかかっておくのが「後になって後悔しない」唯一の方法。

できるコトからはじめておく。コレが育児中のママに贈る「美容に関する最大のアドバイス」ですね!

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内