スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. ママの美容・健康
  3. 産後の「お肌の老化現象」を感じたら「実践したい習慣5つ」

産後の「お肌の老化現象」を感じたら「実践したい習慣5つ」

産後は体力も低下し、慣れない育児に精神的なストレスもたまりがち……。

育児に一生懸命になりつつも、ふと「自分のことは何もしていない、このままだと気づいたら一気に老けこんじゃうかも!」と焦りを感じる事もありませんか?

私はふたりめの子を生んだ時は高年齢出産ギリギリのラインでした。ひとりめは20代で産んでいたので、正直産後の「疲労が回復しない」事と、「なんだかシミが濃くなったり乾燥してザラついている」事に衝撃を受けましたね。

ひとりめの子の時は特に意識していなくても自然と肌も健康な状態になっていたし、確かに赤ちゃんのお世話は大変でしたが、少々の睡眠不足も気合いで乗り切れたって感じだったんですけどね……。

産後の肌トラブルを感じた時に実践するべき習慣5つ

  • 《1つ》とにかく保湿する
  • 《2つ》そのうち「良くなる」と楽観的にかまえる
  • 《3つ》複雑なお手入れ方法は却下シンプルなスキンケアで
  • 《4つ》鏡を見ることを嫌がらない!
  • 《5つ》体の内側から「元気」を補充する

まず第一にとにかく何でもいいから「保湿」すること。お風呂上がりはもちろんですが、朝の洗顔後も確かに赤ちゃんがいると時間がない。でも、パパっと化粧水や乳液をつけるのはほんの20秒ですむことです。

この際、マッサージだなんだとする事はありません。3つめのポイントと共通するのですが、「化粧水→美容液→マッサージ→乳液」なんてセオリー通りにしようとすると、まず時間もないし続きません。

オールインワンタイプなんかもお勧めですね。体中に使えて、お子さんも使用できるようなローションなんかも使いやすい。

http://pullme.hornet.me/

たとえばこんなローションも便利です。

それから、気持ちの問題で言えば、「ああ、なんか赤ちゃん産んでからシミが増えた〜、粉ふいている〜」みたいにあまり落ち込まない事です。産後はホルモンバランスが崩れやすく、妊娠中に分泌されていたエストロゲンも減少するので、どうしても肌荒れしやすくなるのです。

あなただけじゃない、みんなそうなんだと「いっときの事だから」いずれ気をつけていれば良くなると楽観的に捉えて下さい。

いっぽうで、「気楽に構える」けど「現実を直視」する面も忘れてはダメ!

私の経験から言うと、ふたりめの時はそんなわけで肌荒れもおこすわ、シミは増えるわで焦りましたが、同時に心のどこかで「ヤバい、ほんとに老化現象がスタートしてるかも……、で、でも、しょうがないよね」と目をそむけていた所もありました。

「いっときの事」ですから悩みすぎてはいけませんが、かといって「だから何もしなくても大丈夫」というわけではないんですよ。よく女優さんが「わたしは何もしてませんわよ〜」みたいな事を言っていますが、してないわけがない(笑)

自分でしてないけどプロにしてもらってるのかもしれないし、「特別な事はしてない」だけで、やはりスキンケアをいっさいしていない人はまずほとんどいないでしょう。

女優さんが産後すぐに復帰してもドンドンきれいになっていくのは、「見られているから」です。周囲の視線に鍛えられて、自然と美意識が高まるのです。とはいえ私たちはフツーの一般人なので、まず「鏡を見る」ことを習慣づけましょう。

お風呂上がりに裸の体をチェック、洗顔後にお肌をちょっとだけも鏡でチェック。毎日チェックすることで「よし、お手入れしよう」と緊張感を保ちつつ、たとえ簡単な一手間でも継続することができるんです。

体の内部からサプリメントで産後に不足しがちな美容成分を補充するのも簡単な方法です。飲むだけのサプリメントでコラーゲンやヒアルロン酸を積極的に摂取してみて下さい。サプリメントで取るべき成分は本来は食事などから摂取するのがベストなのですが、それこそ産後のママにはなかなかそうもいかないもの。

最近は「すっぽん」効果が話題になっているみたいなので、

http://www.kin-suppon.com/indexA.html

こんなのを試してみてはどうでしょうか?なんかききそーでしょ?

産後だからこそ、お肌の艶やハリを取り戻して「きれいなママ」になりましょう!ちょっとした習慣を続けていけば、思った以上にスグに効果があらわれるかもしれません。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内