スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. ママの美容・健康
  3. 妊娠中に「グッスリ」熟睡できる方法教えます!

妊娠中に「グッスリ」熟睡できる方法教えます!

もともと私は夜9時になるとまぶたの裏に砂がまかれたように「ゴロゴロ」してきて、自然とまぶたが閉じて眠くなってしまうタイプ。

それが妊娠してお腹を大きくなってきてから、まず第一に「寝付けない」、それから「頻繁に目覚めてしまう」のに参ってしまいました。

私が試して「これはイイ!」と思った熟睡法

~お腹が大きくてもグッスリ眠れる方法~

寝る前にスマホやネットをやり過ぎない

私もそうですがけっこうベッドに入ってからスマホを利用したりしていませんか?

これは妊婦さんだけではないらしいのですが、あの刺激が実は思った以上に大きいらしくて、知らず知らず精神が昂り寝付きが悪くなるようです。やはり寝る前はできるだけリラックスして、ベッドに入ったら軽めの雑誌を少し眺める程度にして体を休めることを意識したほうがいいようですね。

「自分に合った」寝やすい姿勢を見つける

よくお腹が大きくなると、シムスの体位と言って、横向きに寝る方法が良いと言われます。確かに横向きになって、両足を少し曲げるような胎児のポーズのような形はよく眠れます。

ただこれも合う・合わないがあるみたいなんですよね。

「この態勢で寝るのが妊婦さんにはいいのだ」と自分に強制してしまうとやはりリラックスできません。一般的に仰向けは苦しいと思うのですが、私の友達は「天井を眺めていると眠くなるのよね~」なんて言っていましたから……。

とりあえず、ベッドに入ったらちょっと体勢をあれこれ変えてみて、「気持ちいい」と思った姿勢になりましょう。

抱き枕を上手に利用する

私は抱き枕を愛用していました。実は出産した後もけっこう使ってるんですよ。抱き枕の良さは、前述した「シムスの体位」が自然になれるところかな。細長くてちょうどよい具合の固さの抱き枕だと、片足をのせて、枕を抱きかかえるような形になってお腹の位置がピタっと決まり、何とも気持ちいいんです。

妊婦中はもちろん、出産後も使える抱き枕なら少々高くてもいいかなと思います。私が使っていたのもけっこう良かったのですが、カバーの柄がピンクの花模様でビミョーでした……。そのカバーも洗濯できなかったので、出産後に自分でカバーを縫ったんですが、だいたい抱き枕ってちょっと細長い変形なんで、あまりピッタリいかなかった。

カバーが取り外せて洗濯出来るもののほうが実用的です。

ところで、臨月に入るとどんなにアレコレがんばっても、やっぱり数時間おきにふっと目覚めてしまうようになります。

これは、何でも「赤ちゃんが産まれてからの3時間おきに授乳」に慣れるように、自然の摂理で体が「お母さんになるよ」と訓練してくれているのだとか。

なるべく熟睡することが「妊婦さんの体力温存」の大切なポイントですが、まぁどうしてもトイレに行きたくなる回数も増えますし、お腹が大きくなるにつれて精神的にもナーバスになるのが当たり前。

お腹が大きくても力が抜けて熟睡できる抱きまくら

すごい変な形ですが、かなり大きなお腹になっていても、普段使っている筋肉の負担が取れる形状になっています。お腹の赤ちゃんもリラックスしてくれるはず。授乳期にも便利なので長く使えますよ。

今話題の睡眠サプリメントって妊娠中でも使える?

最近、新聞の広告などで睡眠サポートサプリメントというのをよく見ます。グッスミンとか。グリコとか結構メジャーな会社が売っているようですし気になっていましたが、やはり妊娠中となるとああいったサプリメントは怖いですよね。

一応アミノ酸が中心なので妊娠中でも問題はないみたいですが、やっぱりそうは言われても気になります。私は妊娠中ではないつい最近になって試してみたことがあります。確かに布団に体がいつもより沈み込むような感覚があります。ちょっと忙しい日とか、次の日に大事な用事があるときにたまに飲んでいます。

一応妊娠中でも飲めるの?という疑問について調べてみたら、やはり問題はないという記載がありますが、一応かかりつけのお医者さんに聞いてからにしてね、ということみたいです。

グレープフルーツ味の睡眠ドリンク「妊娠中でもO.K.?」

真ん中あたりにQ&Aへの入り口があります。アスパラガスから作られるそうです。

熟睡できない事を気にしすぎないで!昼寝でも大丈夫!

先輩ママとしてぜひ言っておきたいのは、「どうもよく眠れない」「こんなに眠れなくて赤ちゃんに影響はないだろうか」「体調が悪いのだろうか」などとクヨクヨ悩まないこと!

そんな時は、例えばお昼ご飯の後にアクビのひとつでも出たら、ゴロンと横になって寝ちゃえばいいのです。

最近は働くプレ・ママも多いでしょうが、昼休みにほんの10数分寝るだけでもラクになりますよ。

「妊婦は眠くて当たり前」でも「夜眠れるとは限らない」のですから、体や気持ちが求める時間にできるだけ「寝てしまう」というのが妊娠後期に入ったら必要です。職場の人やご主人にも理解してもらいたいですね!

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内