スゴママ.com ~ 出産も育児も楽しくなる!
  1. トップページ
  2. ママの美容・健康
  3. 赤ちゃんがいてもママ・ライフを楽しんで綺麗になるには?

赤ちゃんがいてもママ・ライフを楽しんで綺麗になるには?

出産直後は赤ちゃんを授かった喜びに満ちて幸せな毎日だと思います。

でもだんだんと赤ちゃんが3ヶ月、5ヶ月となってくると、そろそろベビーカーなどでのお出かけも増えてくるようになり、自分の「身支度」が気になってきますね。

まだまだ授乳中でお洒落もなかなか楽しめないけど、せっかく外に出るのだからキレイにしていきたいと思うのが女心です。

ほとんど眠れず首の座らない赤ちゃんのお世話に明け暮れた3ヶ月を過ぎたら、「自分のことに時間をかけたい」と思うのも当然です。

赤ちゃんがいても楽しめる!充実したママ・ライフを送ろう

  • 時には赤ちゃんを預けて夫とふたりの時間を作る
  • 同じ環境のママ友を作って愚痴やストレスを共感しあう
  • お風呂にひとりで入って「美容タイム」を確保する
  • 美容院でスッキリ・キレイにしてもらおう
  • 赤ちゃんが寝ている時間に「家事をこなす」のではなく「自分の好きなことをする」

赤ちゃんが産まれてお母さんになっても、やっぱり「女性」として「妻」として、夫に大事にされたいと思うのが女性ですよね。

ま、私の夫はあまり理解していなかったようで、産まれた直後はとても喜んでくれたけど、私が夜泣きに悩まされつつ「私だって外に出てひとりで買い物したり、きれいなレストランで食事したいッ!」と夜中に枕を投げつけるまで、私の産後ストレスをあまりわかっていなかったようです。

最近の男性はイクメンとかで、だいぶ家事や育児にも協力的なようですが、もしあなたの夫が今ひとつ「赤ちゃんを育てているママの孤独感」を理解していないのなら、

「夜泣きした赤ちゃんの横でグースカ寝ている夫に思いっきり枕をぶつける」

この私の秘策を伝授します(笑)

まぁ、それはそれとしても、少し落ち着いたら身内に赤ちゃんを預けるなり、ホテルなどでは3ヶ月ぐらいから赤ちゃんを時間単位で預かってくれるベビールームのある所もありますから(けっこう料金はかかりますが)こういうのを利用して、時には夫とふたりでお洒落をしてデートするのもいいですよね。

それから幼なじみとか昔からの親友もいるでしょうが、赤ちゃんを育てながら身近な存在として、大変なことやストレスや愚痴をこぼし合える仲間がいるのも大切です。

その愚痴は「今まさに同時に感じているからこそ」共有できて、お互いが励まし合えるものですから。公園デビューとか一時期問題になっていましたが、それでもやはり、私は子供を育てる時は「同じ年代の子を持つ近くの友達」がいるほうが、ママ・ライフはより楽しく、過ごしやすくなると思います。

それから、自分自身を磨く「美容タイム」を持つのもいいですよ。

私は産後3~4ヶ月目で髪の毛がばさっと抜ける脱け毛に悩まされました。実際に毛がたくさん抜けて見た目がひどいという事以上に、脱け毛に悩む自分にイヤになっちゃうんですよね。見兼ねた夫に「子供は見ているから美容院でも行ってくれば」と言われました。

美容院で数時間すごして、伸びすぎた髪の毛もさっぱりとカットしてもらい、かなり気分が変わりましたよ。脱け毛自体は一時的なものですが、ようやく育児にも慣れてきた頃にいきなり髪の毛がばっさりと抜けるとビックリするし、かなり動揺します。

でも、ホルモンバランスが整ってきて育児にも慣れて寝不足なども解消されてくるとどんどん良くなってきますし、最近は産後の脱け毛専用の育毛剤などもいいものがあるようなので、使ってみるとよいのでは? 

http://angere.jp/

美容院に行く時間は作れなくても、夫が帰宅してからひとりでゆっくりお風呂に入るだけでも違います。

自分をキレイにしようという気持ちを持てることが、ママ・ライフの中で「女性としての幸せタイム」を持つきっかけになります。

ママ・ライフの充実は決して「子供の成長、子育て」の中にだけあるのではないと思うんです。ママはママであって同時に女性でもあり、夫の妻でもある。

赤ちゃんが寝ている間に「家事をこなす」のは素晴らしい事ですが、私はその時間こそ「自分の時間だもん!」と思って、好きな本を読んだりDVDを見たりしました。

自分を大切にしてあげることが、ママ・ライフ充実度アップの秘訣です。

スポンサードリンク

カテゴリ

子育て

ママライフ

家族

サイト案内